家

メガソーラーと不動産管理で土地有効活用|利益ゲットの方法

建物の無駄をなくす

インテリア

転勤することになって長期間住人がいなく、留守の状態が続く住宅を賃貸として貸し出すことをリロケーションといいます。また賃貸なので管理業務をしてくれる不動産会社も必要になってきます。一軒家などの住宅を、転勤の後にまた住みたいと思う人たちがリロケーションを不動産会社に依頼することが多いです。そんな人々に注目されている、リロケーションを専門とする会社があります。もともとはアメリカで誕生した業務ですが、日本でも留守の住宅を貸し出したいという方々が増えてきたため、日本での需要も高まっていきました。以前のリロケーションでは住宅を貸し出した後、再び住みたいと住宅の持ち主が言ったとしても、住宅を借りている人が立ち退きをしてくれる保証はありませんでした。ですが2000年からは定期借家法が施行されたことによって、法律上で年数を定めて賃貸として貸し出す期限を設けられるようになりました。しかし、リロケーションは今までと違った賃貸管理業務なので、慣れていない不動産会社や住宅の持ち主などが多くありました。現在では不動産会社のリロケーション事業は安い価格の設定で業務を行っているところも多いです。ですがリロケーションを行っている不動産会社は少ないですので、しっかり情報を集めた上で選ばなければなりません。リロケーション専門会社は3つの契約方法があります。住宅の持ち主の代理として借りたい方の契約をしてくれる契約、住宅の持ち主と借りたい方の契約を助ける仲介してくれる契約、住宅の持ち主からリロケーション専門会社が住宅を借りて、借りたい方がリロケーション専門会社と契約をする方法などがあります。