住宅模型

メガソーラーと不動産管理で土地有効活用|利益ゲットの方法

サブリースのメリット

メンズ

アパートやマンションの賃貸を空室があっても全ての部屋を不動産会社が借りて、管理もしてくれるのがサブリースです。サブリースのメリットは多くあり安定した一定の収入を得られます。

Read More

賃貸管理のすすめ

内観

アパートやマンションを大家さんだけで管理するのは大変ですので、賃貸管理の業務をしてくれる不動産会社が必要になってきます。住民からの依頼をスムーズにしてくれるので住民からも必要とされます。

Read More

建物の無駄をなくす

インテリア

転勤することで長期間住人がいなく、無駄になってしまう住宅はリロケーションとして賃貸物件にすることができます。2000年から賃貸を貸し出す際に期限を設けることができるようになりました。

Read More

太陽光発電の未来

太陽光発電

太陽光での発電は各家庭に広まってきています。住宅に設置できるソーラーパネルの大きさよりもっと巨大なソーラーパネルを使って電力を生産させるものをメガソーラーと呼びます。メガソーラーの事業は原子力発電や火力発電のように、電力を作る際の媒介を必要とせず、太陽の光だけを使うので安全で環境に優しいです。だから地球温暖化の進行を改善できる電力発電事業として注目されています。
メガソーラーの設置には広い土地、大きな建物の屋上や、海の上などといった広い場所が必要です。広さは2ヘクタール程の敷地があれば充分です。発電量は1年間で100万KWhを超えることがほとんどです。この電力量は300世帯の人たちが1年間に使われる電力量と同等になります。日本ではメガソーラーの建設ラッシュが始まっていて、電力会社と政府によって建設が進められています。設置する際は気をつけることもあります。陸上でのメガソーラーの設置を交通道路の近くにすると、行き交う自動車の排気ガスに含まれる油の影響でメンテナンスをしなければならなくなります。また、土の上に設置する場合では、植物の成長によりソーラーパネルを壊してしまう恐れもあります。屋上にソーラーパネルを設置する場合では、ソーラーパネルの荷重が建物にどのような影響がでるのか、また風力に耐えられるのかの問題もあがってきますので、建築の法律に則っているかを調べる必要があります。これらの問題点を解決し強固なソーラーパネルを作ることができれば、地球のメインとなるエネルギー源となっていけるでしょう。